LINK
キャッシングの利息がどこも似たり寄ったりなのは分かっている事かも知れませんが、実は、利息制限法と呼ぶ規則により上限範囲の金利が義務付けられているからです。消費者金融などは利息制限法の法律の上限範囲内で独自に設定しているので、同じような利息の中でも違いが出るようなサービスを展開しているのです。ではその利息制限法とはどのようなものか見てみましょう。まず上限利息ですが、10万円未満の貸し付けには年率20%、10万円以上100万円未満は年率18%、100万円以上は年率15%までと設けられていて、その範囲を超過する金利分は無効です。無効とは支払う必要がないという事です。にも関わらず以前は年率25%以上の利率で手続きする貸金業がたいていでした。それは利息制限法に違反しても罰則の規則が無かったためです。しかも出資法による上限範囲の29.2%の金利が容認されていて、その規定を盾に転ずることは無かったのです。利息制限法と出資法の間の利息の差の部分が「グレーゾーン」と呼ばれているのです。出資法には罰則が存在します。この法律の上限利息は超過しないようにきたが、その出資法を有効にする為には「キャッシングを受けた者が自分から支払った」という大前提です。この頃、しきりにとりざたされる過払い請求はそのグレーゾーンの利子分を必要以上の支払いとして返済を求める請求です。法的でも出資法の大前提が承認されることはほとんどなく、請求が通る事が多いと思います。この頃では出資法の上限範囲の利息も利息制限法と統一され、このことで消費者金融業の利子も大差がないようになっているはずです。万一その事実に気付かずに、上限範囲の利息を超える契約をしてしまっても、契約自体が機能しないものとなり、上限範囲の利息以上の利率を返金する必要はないようです。にも関わらずしつこく返済を求めるようなら司法書士か弁護士に相談してみてはどうでしょう。これで請求されることがなくります。